家電 配送

家電の配送を安くできる引越し業者の探し方

家電 配送

家電の配送

家電 送る

家電 運送

家電 配達

 

家電の配送が出来る業者はそんなにありません。
配送と言えば、宅配業者、引越し業者、郵便局などが考えられます。

 

郵便局は30kg以上の大きな家財は運ぶことができません。
なので、必然的に宅配業者か引越し業者に依頼することになってしまいます。

 

宅配業者の中でも、大きな家電を運んでくれるのは一部の大手会社だけです。
競争相手が少ない業種では、費用はやや割高になってしまいます。

 

そこでオススメなのが、ライバル会社の多い引越し業者なのです。

 

引越し業者は家電だけを運ぶというサービスも行っています。

 

引越し業者一括見積もりをすれば、簡単に相場はもちろん、1番安い業者を探すこともできますよ。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電を運ぶ場合は、床や壁を傷付けてしまうかもしれません。
引越し業者は、床や壁の保護をしながら運んでくれるので、安心です。

 

家電の配送は、引越し業者におまかせしませんか?
ぜひ一括見積もりをご活用くださいね。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの繁忙期と費用の関係

 

引越しの時期

 

引越し業界には繁忙期があります。
1年で一番引越し業者が忙しい時期、それは3月です。

 

3月の繁忙期になると引越し業者はスタッフを増員したり多めに仕事をして何とかこなそうとしますが、それでも引越しの依頼が多すぎる日は仕事を断ることもあるのです。

 

そんな時期ですから、通常期に比べて繁忙期は引越しの料金が高めに設定されています。
もちろん家財だけを送る費用も相対的に高くなります。
もし時期にこだわらないのであれば、繁忙期の引越しは避けましょう。

 

それでも繁忙期に引越ししなければならないのであれば、早めに引越し準備を行いましょう。
繁忙期でもどの会社も全く同額の引越し費用ということはあり得ません。
安い会社、高い会社は出ます。

 

早めに見積もりを取ることで多くの引越し業者からの返事が期待できます。
但し、新居の住所がわからないと正確な金額を見積もることができないので、新居が決まったらすぐがオススメです。

 

見積もりだけ取って満足し、いざ契約と思ったら予約が埋まっていたなんてこともあり得ます。
お気を付けくださいね。

 

 

引越しの大まかな手順を知っておくと便利です

 

引越しの手順

 

引越しはすることが多いので、おおまかな手順を確認しておくと便利ですよ。
ぜひ一度確認してくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

早く引越し業者を決めておきたいところですが、引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わるため、とにかく新居が決まらないと正確な見積もり金額が出せません。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

次に荷物の梱包ですが、引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多ければそれだけ大きなトラックや多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから引越しの費用が当然高くなります。
不用品はどんどん処分しつつ荷物を減らして、使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出しておきましょう。
引越しの2週間前から提出することができます。
うっかり出し忘れると提出しに前の市に戻ったり、役所に連絡して書類を郵送してもらって送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

引越し2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらう手続きをしましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配しましょう。
引越し当日にトイレやシャワーが使えないなんていう悲劇になりませんよう。

 

新居に郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
そこで最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出します。
そうすれば1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしてくださいね。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具や家電の配置を指示してください。紙に書いて貼っておくと便利です。
ただ貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらはもし破損した場合に保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
先延ばしにすると忘れてしますので早めに行ってください。

 

 

 

クーラー 移動 冷蔵庫 郵送 引越し 費用 目安