家電 配送 粗大ゴミ

引越しと粗大ゴミ

引越し 粗大ごみ

 

長く生活していると不用品がたくさん出てきます。
壊れた家電や傷んだ家具、そのまま部屋の片隅に放置したりしていませんか?

 

大きな家財を捨てるのは面倒で、ついそのうちそのうちと先延ばしにしがちです。
引越しは不要な粗大ゴミを処分する絶好のチャンスです。

 

ところで粗大ゴミの中には家電リサイクル法によって適切に処分しなければならないものがあるのを知っていますか?

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。
これらはほかの粗大ゴミと同様に廃棄することができません。

 

これらの家電を処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。
しかしネットで買ったり、すでに引越ししていてお店が近くない場合は、お店そのものが倒産してしまった場合などはお住いの自治体に相談してみましょう。

 

その他の粗大ごみはどうやって廃棄するものなのでしょう?
廃棄方法には2通りあります。
@回収に来てもらう方法(有料)、A自分で持って行く方法(無料)です。

 

@回収業者に取りに来てもらう方法

 

まず粗大ゴミ処理施設に電話で連絡をして、回収に来てもらう日を予約します。
その後コンビニなどで「粗大ゴミシール」を買って家電に貼り付けます。
ちなみにこの粗大ゴミシールは家財の種類によって値段が違います。つまり廃棄手数料なわけです。

 

ですから粗大ゴミ1つにつきシールが1枚必要です。
あとは指定日時までに指定場所に置いておけば、回収に来てくれます。

 

 

A自分で持って行く方法

 

自分で粗大ゴミを持って行く場合でも処理施設に連絡して日時を予約する必要があります。
その時に。「いつ何時にどんな粗大ごみをいくつ持って行くか」を伝える必要がありますので、メモを作っておきましょう。

 

そして予約した日時に粗大ごみの処理センターに持っていきます。
何キロ処分したかを調べるために最初と最後に車の重さを量ります。
自分で持って行く場合(個人の場合)は粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

実は粗大ごみの処分方法はお住いの自治体によってかなり違いがあります。
詳しい事は役所のホームページでご確認ください。